【住む街ガイド】小説『バスを待つ男』の舞台・王子は懐かしさと心ほぐれる街だった

【住む街ガイド】小説『バスを待つ男』の舞台・王子は懐かしさと心ほぐれる街だった
この小説は「トラベルミステリー」といっても、血が流れることもなく、ささくれだった敵意も登場しない。トラベルといっても足は都バスばかり。引退した元刑事がバス旅を楽しむ中、巡り合う小さな謎を読み解いていく。その知的ゲームとともに東京の街が生き生きと描かれるのだ。 その昔、ここ王子周辺は江戸の一大行楽地だった。

JALトピックスへのご訪問、誠にありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする