JAL、超音速旅客機開発企業と約11億円の資本業務提携。20機の優先発注権も

JAL、超音速旅客機開発企業と約11億円の資本業務提携。20機の優先発注権も
JAL(日本航空)と米国のBoom Technologyは12月5日、資本業務提携で合意。JALは、航空機による「移動時間の短縮」に大きな価値があると考え、超音速旅客機の開発に取り組むBoom Technologyを、定期航空運送事業者の観点からサポートし、その実現による顧客価値向上を目指すとしている。 具体的には1000万ドル( …

JALトピックスへのご訪問、誠にありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする