JALは時間の正確さを訴求するだけでよいのか?

JALは時間の正確さを訴求するだけでよいのか?
そのコンセプトの根拠となっているのは、JALがこれまで何度も表彰されてきたという事実だ。国際線の運行情報に特化する米フライトスタッツ社はこれまでJALを過去5回(2009年、2010年、2012年、2013年、2015年)、定時到着率の高さで表彰しており、CM内でもこのことは紹介されている。「搭乗する人にとっても、到着を …

JALトピックスへのご訪問、誠にありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする