現代の「コンコルド」、日本の空に JALが超音速旅客機導入へ

現代の「コンコルド」、日本の空に JALが超音速旅客機導入へ
かつては「コンコルド」が世界最速の翼だとされ、JALは1965年に3機仮発注したが、騒音問題などが原因で後にキャンセルしたという経緯がある。ブリティッシュ・エアウェイズやエールフランスが運航を続けてきたが、燃費の悪さなどを理由に全機が2003年に退役。デモフライトやチャーター機として日本の空港に飛来したことは …

JALトピックスへのご訪問、誠にありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする