JAL、パナソニックのクロスリード導入で3万件の広告宣伝データを集約

JAL、パナソニックのクロスリード導入で3万件の広告宣伝データを集約
日本航空(JAL)は2017年12月までに、パナソニックのコンテンツ管理システム「CrossLead(クロスリード)」を導入しました。このシステムは、JALがこれまでアーカイブシステムとフォトサーバーに分散して保管していた約3万件の大量の広告宣伝物、写真素材データを1つのシステムに集約して一元管理することで、以前の煩雑な …

JALトピックスへのご訪問、誠にありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする